ビップライナー 評判

ビップライナー 評判

いわゆる田舎と呼ばれる地域に住んでいたので、高校生の頃から東京に漠然とした憧れを抱いていました。

 

 

そこで大学は東京にある大学に進学したいという夢を持ったので、必死に勉強しました。

 

 

おかげで希望していた大学に合格することができ、晴れて東京での暮らしを始めることになりました。

 

 

大学では友達も沢山できたので、刺激的な東京での暮らしを満喫していましたが、お盆や正月になると実家から帰省しなさいと言われました。

 

ずっと東京で過ごしたいという気持ちもありましたが、家族の顔も久しぶりに見たいという気持ちもあったので帰省することにしました。

 

 

ただ、学費は親に出してもらっているので、生活費などはできるだけ自分で支払いたいと思ってアルバイトをしています。

 

 

それでもお金が足りないことが多いので、普段から家計を切り詰めるようにしていますが、実家に帰省するとなると公共交通機関を利用するので交通費が必要になります。

 

 

飛行機や新幹線を利用すれば、それほど時間がかからずに実家に帰省できるので便利ですが、その分、交通費も高くかかってしまいます。

 

 

家族にお土産も買って帰りたいし、できるだけ交通費を安く抑えたいと思ったので、ビップライナーを利用して夜行バスで帰省することにしました。

 

 

ビップライナーは数多く運行しているので、自分が帰省したいと感じた日時を選ぶことができました。予約をすることができるので、席をしっかり確保できるのが安心だと感じました。

 

 

以前は、夜行バスといったらバスの中も暗くなるので女性一人だと不安だと感じることがありましたが、ビップライナーなら女性専用車がありプライベートカーテンもあるということを知ったので、申し込むことにしました。

 

 

ネットで予約しましたが、希望していた座席が残っていれば、座席指定もできるので嬉しいと思いました。

 

 

夕方に夜行バスに乗って、翌朝には実家近くの駅に到着する便を予約しました。

 

 

当日はスーツケースを含めてかなり大きな荷物になりましたが、バスの乗降口では運転手さんがすぐにバスの座席下にある収納スペースに荷物を預かってくれたので助かりました。

 

 

席も一般的なバスよりも広々としていて、足をのばすことができました。女性専用車だということもあり、他に乗車していたお客さんも当然ながら女性だったので、これなら夜も安心して眠れると思いました。

 

 

バスは走っている間も安定感があって揺れがすくなかったので、酔うこともなくぐっすり眠ることができました。シートは後ろに倒すことができますし、低反発シートが用意されていたので、背中や腰が痛くなりませんでした。

 

 

夜行バスは途中でトイレ休憩を何度か挟んでくれたので、トイレについて心配する必要はありませんでした。

 

 

プライベートカーテンがあるので、寝顔を周囲に見られることを気にする必要もありませんでしたし、隣の座席の人がイヤホンを使ってスマートフォンで動画を見ていましたが、その明かりが眩しく感じられることもありませんでした。

 

 

バスを降りるときは、その前に化粧直しをしようと思っていましたが、プライベートカーテンがあるおかげで人目を気にせずにメイクをすることができました。

 

 

ビップライナーを利用したのは初めてでしたが、ここまでバスの旅が快適だとは想像していなかったので、新幹線や飛行機より到着時間が長くかかっても、バスの旅のほうが快適だと感じました。

 

 

バスに乗る乗客数が定められているので、込み合っていることを心配する必要はありませんし、到着まで自分だけの空間で好きなように過ごせることが良かったです。

 

 

交通費も安く済ませることができたことも大満足だったので、東京に帰るときもビップライナーを利用することにしました。

 



>>ビップライナー公式サイトはこちらから<<

 

 


 

▲上へ戻る